ネットビジネス規模は2018年には3倍に?

モバイル・インターネットのビジネス規模は2018年には3倍に―Appleの時価総額さえ抜く、という記事を読みました。世界のモバイル・インターネットの売上は現在の3倍近くになるという内容でした。この数字は何でしょう。ネットを使ったサラリーマン副業が人気だとはいえ凄いですね。Appleも出てきているから、ハードの売上なのかな?ネットビジネスの話なのかな?まあハードだとしても、3倍になるのならネットビジネスもそれにともなって拡大するのは同じことと考えていいのかもしれませんね。この記事で、mコマースという言葉が出てきているのですが、これはモバイルコマースという意味なのかなあ。違うのかな。アジアのmコマースはアメリカを抜いているんだってね。アジアというところがミソなんだろうけど、アジアには大国中国とインドがあるもの、人口だけで考えても、そりゃ抜くわいなって思ってしまいますが、アジアということであれば、ますます広がりを見せるのでしょうから、やっぱり3倍というのもリアルな数字なのかもしれません。ネットビジネスをやるのなら、アジアをターゲットにできればいいのでしょうね。個人でやるとなると、アジアに展開するなんてことはそう簡単にはできないのではないかと思ってしまいますが、そのうちに、言語がわからなくてもビジネスが可能になるようなサービスが出てこないとも限らないわけで、そうなったらすごいことになるのでしょうけどね。Amazonとか、eBayとかがトップランナーなんだろうけど、他にもAlibabaとか、FLiPkartとかがいるそうだし、ネットだけでなく、リアルビジネスの大手小売業なんかも続々と参入するみたいなんですよね。そうなると個人でやっている人たちは、その拡大の恩恵に浴することは難しいのかな。でも、そんなこともなくきっちりと稼ぐことができる人はいるわけですからね。そうは言っても、インターネットっていつまでもこのままなんでしょうかね。パソコンからスマートフォンにメインが移動しているけれど、スマートフォンだっていつまでなのかってことも思うわけですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ