ネット副業のジャンル

ネット副業は、以前からあったお仕事ですが、最近はそのジャンルもかなりの量があるように感じます。一昔前、ライターという仕事はとても特殊な仕事に感じていました。ですが、最近はインターネットの普及に伴い、アフィリエイターのみならず、誰でも気軽にサイトを運営することができます。それが影響しているのかわかりませんが、ネットライターという仕事があります。ネットライターは、サイトコンテンツの記事書きや、SEO対策用の記事を書く仕事をしている人のことを指します。普通のライターさんとの大きな違いは、人に読ませることよりも、SEO対策を意識したライティングスキルが必要になる部分。ライターさんは、如何に人に読んでもらって、価値を提供できるか、それが大きな課題になってきます。対してネットライターは、人に読んでもらうだけではなく、Googleの検索順位を上位表示させるためのライティングをしなくてはなりません。(ネット副業は奥が深いです)そのため、ライターさんが書いた記事と、ネットライターが書いた記事では、ライターさんの記事のほうが読みやすいことが多いでしょう。しかし、多少読みにくいと感じるネットライターの記事のほうが、Googleに高く評価されるのです。良質な記事を書いているだけで、Googleで上位表示されるのが、本来の形だと思いますが、検索というのは奥が深く、誰でも使いやすくするのは、大変な技術が必要になります。ネット副業とGoogleは密接な関係にありますが、そのほとんどが一方通行なのが現状。サイトを作る全ての人は、Googleの支配下にあると言っても過言ではありません。Googleに大きなアップデートが起こると、簡単に順位は入れ替わります。アフィリエイトをしているとわかると思いますが、検索で上位表示されるほど、収入が爆発的に増えてきます。なので、ネット副業をするときは、Googleを意識することを忘れていけません。如何にGoogleに高く評価されるコンテンツを作ることができるかどうか、それが問題になってきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ